天狗の鼻を舐めるのはOK

皆さんこんばんは。雪ノ下です。

なかなかゆっくりブログを書く時間もなくて、最近はいつも間隔が空いてしまいます。

今日は申請が済み、無事に販売開始となったので、ちょっと一息しています。

と言ってもご依頼の納品も遅くなってますし、台本も今月中に仕上げなければいけないし、

来週からもハードな毎日になりそうです。

 

ねこ娘の話の前に、少しだけ今の胸の中にある思いを書きます。

昨日の『京アニ事件』です。

ボクは恥ずかしながら、この仕事をしているにも関わらず、

京アニの作品と言われるものを見たことがありません。

でも、『響け!ユーフォニアム』は、キャラが綺麗だし可愛いなぁと思って、

参考にさせて頂いている部分もあります。(横顔とか結構好きです。)

田中あすかとか、キャラの性格は作品を見たことないのでわからないのですが、

ボク好みのクール系で、いいなぁって思ってました。

(ほとんど知らずにしゃべっているので、間違っていたら本当にごめんなさい。。)

ニュースで第一報を聞いて、そういうアニメを制作している会社だと聞き、

何かもう胸が苦しくてたまりませんでした。

大丈夫なのかな、アニメ作ったりしている人は平気かな、、と心配していました。

でも、入ってくる情報は次々に増えていく死傷者の数。

ボクも毎日、このアトリエで黙々と絵を描いています。

だから、絵を描く人の気持ちが多少なりともわかるんです。

キャラを可愛く描きたいとか、見てくれる人のことを想像したり、とにかくひたむきです。

勝手な想像ですけど、そんな風に仕事をしている人がある日突然、

悲惨な目に遭って命を奪われてしまった。

今でもその気持ちを想像するだけで胸が張り裂けそうです。

涙が出ますね、まだ。。

ボクのような端くれでもこんなにショックなのだから、

きっとかなり多くの人が、今回の件で傷付いているはずです。

本当になんて言葉にしていいのかわからないけど、亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

 

さて、新作の紹介です!元気にいきます!!

今作はボクが現在ハマりにハマっている「ねこ娘」です。

皆さんも、一度は見たり聞いたりしたことありますよね?

それくらい国民的なアニメのキャラクターです。

子供が小さいので(ボソッ)、その影響でボクも見ているんですが、とにかくねこ娘が可愛い!

というか、絵自体がとても美麗です。

最初はその美しさに引き込まれ、ストーリーの面白さを知り、ねこ娘の可愛さを知った、という順です。

ツイートでも言いましたが、ツンツンしているし、照れ屋だし、パッツンだし、完全に好みです。

女子力が非常に高く描かれているんですよね。大好きです!

だから今作は、ボクが「良いなぁ…」って思っている部分にフォーカスして作りました。

こんなピンチがあったら良いのにな、ってゆーかありそうだな、とか。。

ボクは言わずと知れたフェラ好きですので、どうしてもここが年齢制限でネックになってきます。

そこで今回、天狗の鼻を舐めさせるのはどうか?ということで挑戦してみました。

あらかじめDLsite様に問い合わせをし、「基本的にはOKだけど、作品を見てみないと…」との事。

多分無理だと思っていたのが、表現の仕方にもよるみたいな返事を頂いたので、

なんとか通りやすいように組み立て直しました。

そしたら、無事に通ったんですよ!

なんでこんなに全年齢に拘っているのか、正直あんまりわかってないんです。

ただ、ヒロピンはこうあるべきというか、本来はそうなんですよね。

エロくない所でエロを見つける喜びというか、それは人それぞれだと思いますが、

そういう作品を常に作りたいと思っているんです。

だからボクは、あえて文章では触れずに絵だけで表現したりします。

それを見つけた人は得した気分になると思うんですよね。

フェチにしか気付けないモノ。

フェチって千差万別だけど、質は同じだと思っています。

密かに楽しみたいですよね^^

 

ということで、今回も長々と書いてしまいすみません。

最後までお読み頂いた方、ありがとうございました<(_ _)>

今度は『競泳水着Fetish』について書こうと思っています。

そうそう、その実物をもらいに、今度大阪へ行こうと思っているんです。

まだスケジュールの調整中ですが、西のドン、カツオさんに初めてお会いできそうです♪

この辺りもまた、次回のブログでお話ししたいと思っています。

それでは、良い週末を♪

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 16 =