【新作レポート】今作はストーリー性よりも実用性?

 

皆さんこんにちは。支配人BARRONです。

めっきりアトリエに籠もりっきりで、ひっきりなしにきりきり舞でしたYO!

と韻を踏みまくりたくなる程、ひたすら制作活動に没頭しておりました。

何と言っても、今作はボリュームがありますので。。。

それもそのはず、今作はデジタルノベル形式で、2コスチューム2プレイの大作なんです。

まぁ、言う程大袈裟ではないのですが、コスチュームによってそれぞれ違った展開が楽しめるという感じです。

選べるコスチュームは学販ブルマとレーシングブルマになります。

従来の作品では、同じストーリーでコスが選べるという形式はありましたが、

プレイまで別途用意したのはおそらく今作が初めてだと思います。

そして淫ボイス付。

そう、今作ではボクの大好きな星もえるさんにお願いをし、2プレイ分のセリフを吹き込んで頂きました。

それはもう、確認用のデータを聞いているだけで、感動してしまうくらいのデキです。

以前Twitterでも呟きましたが、星さんは読解力が高い方だと思うんです。

声優さんや女優さんは基本的に読解力は高い方が多いと思いますが、

星さんは特に、ボクの思いが伝わりやすいような気がしています。

「そうそう、これこれ!」と何度言ったことか(笑)

現在PVを作っていますが、これはほんの一部ですので、是非ぜひ本編でお楽しみ下さい♪

あとは、これもTwitterでボソボソ呟いてきましたが、遂にボクが作品内に登場します!

あくまでプレイをして頂くのは皆さんで、ボクは案内役のようなモノですので、お気になさらず…。

前から一度、ここBLACK★BASEを舞台とした作品を作りたかったんです。

なので、いつもとは少し違った作品になりました。

 

お話ししたいことは他にも沢山あるのですが、何より、プレイして頂くのが一番だと思います。

今作の大まかな内容はこのブログのタグ(下記)にまとめておきます。

今まで何度かこの言葉を使ってきましたが、今回は本当の意味で使います。

 

『それでは、作品内でお会いしましょう。』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 7 =