皆さんこんにちは。支配人BARRONです。

さて、今回はリニューアル記念企画『BLACK★BASEと愉快なコスチューム達』の第二弾、ブルマ編です。

044
懺悔教室より

ボクが初めてブルマに出会ったのは、中学一年の時でした。

当初はそれほど興味を持っていませんでしたが、やはり上級生のブルマ姿を見ると、徐々にブルマのエロさにボクの脳みそは侵されていきました。

オナニーのネタは専らブルマ女子になり、妄想を形にするべくペンを取り、自分の手でブルマ女子を描いてはオナニーをしていました。

そして、高校進学もブルマ見たさに女子が多そうな学校を選びました。

しかし、ショッキングなことに、ちょうどこの年からブルマが廃止になり、ハーフパンツになったのです。

それを知った時の虚無感は、未だに忘れられません。

春のスポーツ祭では見渡す限りのハーフパンツ。

でもその中に女神はいたのです。

本当に数える程しかいませんでしたが、『ブルマ残党』がいたのです。

そう、上級生に。

ブルマ残党のほとんどが高校三年生でした。

ほとんどの女子がハーフパンツなのに、その中でブルマを穿いている健気な姿。

そしてその丸い尻のエロさ。

秋の体育祭には、もうブルマ残党はいませんでした。

この状況こそがボクの『ブルマ魂』に火を着けたのでしょう。

ブルマは伝説となったのです。

ブルマのエロさは、あの「無垢な感じ」ですかね。

決して可愛くもなければ美しくもない。

大抵の女子はブルマを穿かされた時、「恥ずかしい」と言います。

それこそがブルマの最大の魅力ではないでしょうか。

特に好きなのは紺ブルマです。

横のラインはそこまで拘りませんが、3本以上あるのは好きじゃありません。

上の体操服は丸襟の半袖で、襟と袖はブルマと同じ色で縁取りしてないといけません。

靴下は白のショートソックス。

足首が隠れる程度の短さがベストです。

最近はなぜかブルマに黒や紺のハイソックスという組み合わせが目立ちます。

これはOLの制服に黒のハイソックスくらいありえません。

OLの制服にはパンスト、ブルマには白のショートソックス、鉄則です!

 

ブルマには『レーシングブルマ』という素晴らしい物が現在でも存在します。

こちらも非常に魅力的です。

ボクは元々、スクール水着が好きで、それが競泳水着に移行した過去を持っています。

もしかしたら、ブルマでもそんな時が来るのかもしれませんが、今はまだ、『体育ブルマ』が大好きです。

次回は競泳水着編ですね。

先程触れた、スクール水着から競泳水着へと移行したお話などができたらいいなと思っています。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です