何も言えねぇ。

皆さんこんにちは。支配人BARRONです。

先日、『フェチ』についての記事を書きました。

そこで、大事なことを書きそびれてしまいました。

前回の記事で、『フェチとは異常な程の執着である必要がある』という言葉を書きましたが、

今のボクにとって、それがピッタリ当て嵌まる項目があったのです。

それは、【ギャグ(gag)】です。

お気付きの方も多いかもしれませんが、BLACK★BASEの作品では、ほぼヒロインは口を塞がれます。

(今調べてみたら『才女のミステイク』以外は全て何らかのギャグが使われております。)

ボクは女性の言葉にならない「んぐぅッ!」とか「ンッ…んふぅ…ッ!」なんて呻き声がたまらなく好きで、

フェラが大好きなのは、それが大きな要因だとも思っています。

なぜこんな風になってしまったのか、ボクをこうさせたのは何なのか…!?

実は、ある程度の目星はついています。

それは、昔見ていた長渕さんの「しゃぼん玉」というドラマです。

その中で、国生さんがテープギャグされて後ろ手に縛られ、悪者に腹パンチをされて連れ去られるというシーンがありました。

まだ幼かったボクですが、確かに興奮したのを覚えています。

それを違う形で表現したのが、記念すべき10作目の【戦女セフィーナの敗北】の名シーン、

『テープギャグ+後ろ手縛りで強烈な腹パンチ→失禁』です。(←形変え過ぎだろ)

BLACK★BASEのファンの方には、コスチュームを期待してくれてる方が多いかと思いますが、

今後はギャグ(gag)にも注目して作品を楽しんで頂けると嬉しいですね。

 

さて、ここからが本番。(←前置き長過ぎだろ)

次回作についての発表をさせて下さい。

【ターゲット】香村菜緒(31歳)/携帯ショップ店長

【コスチューム】蒸れ蒸れのパンストと制服→バニーガール

【ギャグ(gag)】ハンドギャグ、テープギャグ、ボールギャグ

長期利用者から反感を買い、拉致られて接客マナーを仕込まれるお話です。

ギャグ(gag)が豊富なので、今回も淫ボイスを付ける予定です。

もちろん、動作環境を問わないCG版もご用意致します!

 

これ以上は、言葉にできない。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 1 =